集客できていないことって隠したいですよね。

こんにちは、

USPデザイナー畠山勇一です。 

 

自分視点かお客様視点かって

些細なことだから分からないものですね。

 

 

キーワードは「本音ははかない」と「自覚していない 」

 

自分のことを
よく知っている人なんて
あまりいないです。

 

「わたしって〜●●な人だからぁ〜」

という人に言葉ほど

信用出来ないものはないですね。

 

そもそもこういう風に
「自分って●●だから」
という人は

あまり悩んでいないので、
お客様になる気がしないですね。

 

本当に悩んでいる人ほど「本音」は言わない

 

だって、
よく考えてみてほしいのですが、

例えばサロン経営している人が、
モニターを募集してて、
その集客が芳しくない時に、

 

「集客できなくて困ってます!」
とか言わないですよね。

そんなこと言ったら、
「人気ないんだな…」と
思われる事をわかっていますからね。

 

※満員でもないのに
連続●●回満員御礼とかホラ吹くのも
大概にした方がいいですが…

 

武士は食わねど高楊枝。
どんなにお客様がやってこなくても、
自分の技術を信じて
絶対に弱音を吐かないことです。

 

大抵は「腕が悪い」のではなく
「伝え方が悪くて伝わってない」
だけなのだから。

 

伝わってないだけなのに、
「腕が悪い」と
勘違いされるようなことはしないこと。

これは大事です。

 

というわけで、
本当に困っている人は、
殆どの場合

「本音は言わない」のです。

だから逆に

記事のタイトルとかで
そっと相手の本音をつついてあげると、
こっそり読んでくれますよ(^^)

そしてもう一つ。

 

殆どの人が「自覚していない」

 

「集客できない」

と思っている人は、

 

「じゃあなんで集客できないのか?」

という原因が分かっていないのです。

 

え?そうでしょ?

だって、
原因分かってたら
解決策探すじゃないですか?

これと言った原因がわからないから、
取っ掛かりがつかめない。

取っ掛かりがないから
解決できない。

 

という状態なわけです。

 

別の例でもみてみましょう。

例えば、

「ストレスがたまっている」

という方がいたとします。

 

ストレスがたまっている人は

「ストレスがたまっている〜〜〜!!」と

あまりいませんよね。

(これがさっきの本音を言わない理論)

 

そして、その人の原因は何でしょうか?

 

「あの部下がムカつく〜〜!」かもしれません。

そこまでは自覚していますが、

 

「じゃあなんでムカつくのか?」は自覚していません。

 

たとえば、
「本当は自分だって有給使いたいのに、
自分が抜けたら職場が回らないから休めない。
なのにあの部下は平気で有給を取る。」

と思っているとしますね。

そしたら、

「自分ができないことをやってしまう嫉妬」

とかかも知れないし、

そもそも

「責任感が強い!」ということが原因かもしれない。

 

ですが、それは本人は

「私は責任感が強すぎるからストレスがたまるんだ!!」

とは「自覚してない」のです。

 

さっきも言いましたが、
本当にそれが原因で、
自覚してるなら改善できますからね^^;

 

ということは

「責任感が強いあなたへ」

なんてタイトルを付けたところで、

自覚してない人は素通りしてしまう恐れありなのです。

 

でも気付いてほしいですよね?

この打開策は、

 

 

「本音に絡めて
無自覚なことを入れ込んでみる」です。

 

例えば、今回のでいえば、

「そのイライラ(ストレス)は
責任感のあらわれかもしれませんよ?」

とかにしたら、

「え?そうなの?」と
気になったりするかもしれないですよね。

 

本音と自覚してないことは
合わせて使う!

 

これをぜひ使ってみてくださいね(^^)

 

 

追伸:同じ意味でも結構色んな言葉があるのよ。

「りんご」って「アップル」ともいいますよね。

これは単純に英語にしただけですが、

 

同じものを意味しているのに、

表現ってすごくたくさんあります。

 

実は今回の記事もそれを意識しています。

気づかれた方いましたか?

 

 

私普段「お客様目線」
という言葉を使うのですが、

今回は
「お客様視点」という言葉を使っています。

「目線」と「視点」の差ですね。

ほぼほぼ同じ意味です。

 

 

この前、

「お客様 対応」

「クライアント 対応」では

検索結果が変わるということを

記事に書いたことがあるのですが、

 

こういうことは常に考えていないと、

すぐに足元を掬われます。

 

私自身もそういうことは

してしまうこともあります。

(自分を客観的に

見ることはかなり難しいので)

 

言葉って面白いですよね。

一つの言葉で全く違う結果が生まれるから。

集客の「つまずき」がわかる無料動画プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

docomo、ezweb、Softbankのメールアドレスはメールが届かない可能性がありますので、gmailやYahooMailでの登録をおすすします。