誰のためなのかは明確に!

キーワード発想法の出発点は「お客様」です。 

こんにちは、USPデザイナー畠山勇一です。 

 

 

普通のキーワード戦略と違う出発点

ブログを検索して
もらいやすくするための施策を

キーワード戦略とか
SEO対策とか言います。

 

 

こういうのを
キーワード作成ツールを使って考えたり、
自分の商品から考えてしまうと、

発想はチープになります。

 

例えば、

ギター教室を経営しているとしましょう。

その時に一般的に発想しがちなのが

 

「ギター レッスン 渋谷」とか
「ギター レッスン 安い」など

自分の商品に直接的に関わる
言葉ばかりです。

 

もちろん、
これらも間違いではないのですが、
王道過ぎて
それらの言葉で上位狙うのは
ライバルが多すぎるのです。

 

成約につながるブログを創るには、
3種類の役割を持つ記事を準備する
必要があるのですが、

 

 

その中の一つが
「アクセスアップのための記事」
です。

これは

理想のお客様として
セットしている方の

生活に関わるもの全てが
話のネタになります。

 

例えば、
話題になっているものを
ネタにして記事を書く
ということですね。

 

一見、関係ないように思う
かもしれませんが、

 

理想のお客様にとって
興味関心の高いものに
アンテナ貼ってないと
見向きもされないのです。

 

これって人間関係でも一緒ですが、

 

自己中な話ばかりしてて
それがさっぱり理解できない人
といるよりも

自分が好きな雑誌や作品のなど
共通の話題で盛り上がれるほうが
その人に興味を持ちやすいですよね。

親近感と言うものですね。

 

あなたの専門的な話をするにしても、
例え話は
「理想のお客様が理解できるもの」
でなければ理解されません。

 

そう考えたならば、

自分の分野の話ばかりではなく、

 

「その人が普段から
興味を持っているもの全般」
視野を広げてネタを集めるのは

USPキーワード発想法のネタ出しの
とっても大事な行動につながります!

 

あなたのお客様は誰でしょうか?

そして、
その人がどんなことに
興味を持っているでしょうか?

 

ぜひ、考えてみてくださいね(^^)

 

追伸:起業したい人の中にも…

 

たまに他の起業家さんの
お役だち情報を号外として
私の方でも出したり、

逆に出してもらったり
することがあります。

 

お互いの読者層が異なるので、
新たな方に知ってもらうために
行っています。

紹介し合える仲間がいるのは
非常にありがたいですね!

 

私は、号外を出す時に
ジャンルではなく、
「親密度」で選んでいます。

 

つまり、
その起業家さんと
仲がいいかどうかです。

 

仲が良ければ、
子育て系の情報も
美容系の情報でも出します。

 

私のメルマガが
ビジネス系だからと言って、

自分の情報との
親和性が低いので出さない。
ということはしません。

(応援し合おうとすると
たまにそういう理由で
断られることがあります。)

 

これも
今回の内容と非常に関係しています。

 

私の考えでは、

ブログのコト知りたくても、
美容の悩みを抱えている人もいるし、

子育に悩んでいる方もいます。

 

理想のお客様を、
ひとりの人として見た時、
その人の環境や、人間関係などで
興味関心は多岐に渡るのです。

という

「商品」ではなく、
「人」で話のネタを
考えたならば、
私が応援したかったり
私が良いと思うものを
出さない理由はないのです。

こういうところにも
「USPキーワード発想法の真髄」
は隠されています。

 

この機会にぜひ、
キーワード発想法をあなたも
実践レベルまで使い倒してくださいね(^o^)