言葉一つ違うだけで集客できなくなる原因になる。

今回は言葉選びについてお話をしていきます。

こんにちは、「ゆう」です。

 

同じ意味でも言葉は無数にある

 
前回タイトルつけのお話をしましたが、
タイトルは1行だからこそ、
言葉選びを慎重に行わなければなりません。
(前回:2W1Hを盛り込むタイトル付けテクニック
 
どれくらい慎重かというと、
例えば、あなたの「お客様」のことを
あなたはなんと表しますか?

  • お客様
  • お客さん
  • 相手
  • クライアント
  • 顧客

これ以上にも
様々な表現がありますね。
メイド喫茶なら
「ご主人様(女性はお嬢様)」
東京ディズニーリゾートなら
「ゲスト」と呼んだりしますね。
これだけ
同じ「お客様」を表す意味なのに
表現がたくさんあることで
ブログ集客には大きな問題が生じます。
 

相手とあなたとのギャップ

あなたがあなたの使いたい言葉で
記事を書いていると、
多くのギャップが生まれます。
先程の例ですが、
例えばあなたがマナー講師で
あなたが「お客様」という言葉を
使いたかったとしても
 
来て欲しい方が
「クライアント」
という言葉を使っていたら
 
お客様と「スレ違います」
 
客観的にみていると
「同じ意味じゃん」
と思うかもしれませんが、
 
「お客様 対応」と検索するのと
「クライアント 対応」で検索するのでは
まったく違う検索結果が出てきます。
 
この重要な事実を受け入れなければ、
検索でお客様がやってくることは
まず無いと思っておいてくださいね。
たとえるなら
「鍵」とそれに対応する「錠」です。

お客様の「鍵」で開けられる、「錠」を準備せよ

お客様が検索する言葉が「鍵」
ならば、
自分がお客様が検索してくるのに
合わせて準備する言葉は「錠」です。
鍵と錠はペアでその意味を成します。
 
お客様はお客様の頭に浮かぶ言葉しか
「鍵」として持っていません。
ならば、
あなたはお客様の頭に浮かぶ言葉で
開けることができる「錠」を準備しなければ、
 
お客様が欲しいモノが手に入らない、
ということになります。
 
鍵と錠
 
 

あなたが言いたいこと以上にお客様が知りたいことを言葉にする

ちっちゃなことかもしれませんが、
こんなちっちゃなことを地道に
気にするからこそ人はやってくるんです。
 
言葉一つ足りないくらいで
全部壊れてしまうんですよ。
ウェブ上はそんくらい
「か弱い絆」なんです。
※ちなみにこれはB’zの
とある曲の歌詞の一部ですが、
歌詞では「じゃない」と否定しています。
 
言葉の大切さ、
この記事を読んでいるあなたは
十分に理解してくれていますよね?
きっと大丈夫ですね。
 
毎回毎回考えるのは大変です。
まずは、
人気記事の改善から
言葉選びを気にしてみてください。
 
▶次回:「プチプラ」VS「女っぷり」アラフォー女性の戦い
 

追伸:カサネテクってすごい

重ねドルチェのCMの歌「カサネテク」は
ご存知ですか?
私は、たまたまFacebookの友達の友達が
その歌の歌い手さんで知りました。
 
女子が使う合コンテクニックを
これでもか!とばかりに
盛り込んだ歌なのですが、
これが結構面白いんですよ。
 
「そこまでする?」
「どろどろ〜」
なんて思うことも出来ますが、
真面目に(?)解読すると
結構ビジネスにも行かせること
山のごとしの内容になっているので、
 
ガッツリ解説した記事を書いてみました。
記事にその話題の動画も貼ってあるので、
読んでみてくださいね!

【ビジネスマンも必見】合コンだけじゃない!カサネテクは人付き合いで大切なテクニック満載!?〜重ねドルチェの戦略〜

集客の「つまずき」がわかる無料動画プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

docomo、ezweb、Softbankのメールアドレスはメールが届かない可能性がありますので、gmailやYahooMailでの登録をおすすします。