華麗なるカレーの話〜理想のお客様を定めなければ満足度は上がらない!

こんにちは、「ゆう」です。

 

カレーは何が好き?〜カレーに学ぶ「満足」の話〜

どちらを喜ばせよう!?

あなたはどの「辛さ」が好き?

突然ですが、あなたはカレーの辛さはどれ位のものがお好みですか?
と言っても、曖昧なので、
「甘口」
「中辛」
「辛口」

の3種類にしましょうか。
さて、この3つだったら、あなたはどれを選びますか?
私は、確実に「辛口」一択です。
なぜなら、「辛い食べ物が大好きだから。」
理由はシンプルです。
 

辛いものが好きな大人もいれば、食べられない子どもがいる

では、もう一つ質問をしましょう。
私には、もうじき2歳になる、甥っ子がいるのですが、
もし2歳児に、私がカレーを振る舞うのであれば、
私はどの辛さを選択するでしょうか?
答えは「甘口」です。
甥っ子はまだまだ小さいので、刺激の強い「辛口」は食べられません。
 

辛口を食べたい人が甘口を食べたら…?

 
ですが、一方で私が「甘口」を食べたら?
食べられないことはありませんが、「辛口が食べたい」私としては、満足度はだだ下がりです。
 

折衷案は誰も喜ばない。「間をとる」なんてありえない。

どっちも食べられる中辛にしよう!
折衷案として、「中辛」なんて選んだら、最悪です。
誰の満足も得られない。
実はコレこそが、個人事業主がやりがちな失敗パターン。
 

たった1人の理想のお客様を設定して商品を作り上げる意味

「誰でも満足行くように」作られたものは「誰も満足しない」のです。
 
あなたは誰を満足させたいか?それを決断しなければいけません。
 
その決断の先に、たった一人が超満足する、価値ある商品ができあがるのです。
 
どうしても欲しいもの、
それじゃなきゃダメなもの、
そういうものでなければ、
人は価値を見いだせずお金を払うことはありません。
 
高額商品なら尚更です。
 

大切なのはあなたの理想とするお客様が大好きなものです。

どのカレーを創るか?
その答えは、「あなたの理想のお客様が何が食べたいか」で決まります。
 
つまり、あなたが作りたいものでもなく、
いろんな人を喜ばせるものでもなく、
たった一人、
あなたが大満足させたい人。
 
その人が食べたいものが正解なのです。
 
ビジネスも同じです。
ビジネスの場合はその上で「その人が買うかどうか?」
も大事な要素です。
 
どんな人の役に立つのか?
どんな人なら満足して買うのか?
それをしっかりと考えてみてくださいね!
 
▼続きはこちら!▼
「オールマイティー」は「中途半端」のサイン〜お客様(ペルソナ)を決める理由〜
迷える起業家への個別相談は「メルマガ読者優先」で実施しています。
メルマガに登録して畠山の新鮮な最新情報を受け取ってくださいね!

MAILMAGAZINEheader
起業家がブログをやるのは、自らの集客活動を不要にするため!

 

ペルソナマーケティングまとめ記事

わかっているようで意外と分かっていない「ペルソナマーケティング」について、記事をまとめました。
私のところに相談に来る起業家の殆どが明確なお客様像を持っていません。だから失敗してしまうのです。
ペルソナ記事のまとめページはこちら
 
そして、ペルソナが決まれば、ブログでの集客の「キーワード戦略」に行かせます。
ペルソナの理解と合わせて、タイトル選びに迷わなくなるキーワード戦略のための無料小冊子をゲットしよう!

集客の「つまずき」がわかる無料動画プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

docomo、ezweb、Softbankのメールアドレスはメールが届かない可能性がありますので、gmailやYahooMailでの登録をおすすします。