数値の意味を知れば、何も怖くない

「数値」から「人」が見えてくる。 

こんにちは、USPデザイナー畠山勇一です。 

 

今月実施している
USPキーワード発想法の
120分超実践個別トレーニングでも

ちょこっとだけ
お話させていただいてる
グーグルアナリティクスの使い方

つまり
「数値管理・分析」方法」について
お話させていただきます。

 

USPキーワード発想法は数値とセットです

USPキーワード発想法というのは
「言葉の力を磨く」ことなのですが、

ではこの言葉の力は
どう判断したら
「磨かれた」と判断できるでしょうか?

 

  • 自分のボキャブラリーを増やしたら?
  • お客様に「あの言葉刺さりました!」と言われたら?

そういうのも大事ではありますが、
それはかなり曖昧で感覚的な
判断軸ですよね?

 

「なんとなく」
「肌感覚」
というのは
再現性も低く、
主観的な判断になります。

 

そうならないために
「数値」はすごく大事なのです。

 

料理をする時に、

「醤油を回しかける」

 とか言われるよりも、

「醤油を大さじ2杯」

と明確な数値が決まっている方が

わかりやすいですね。

 

なので
言葉の力を磨く
というのは
数値とセット
ということなのです。

 

では、
数値を知るというのは
どうすればいいのか?

その言葉を力の影響力を
数値で知るために使うのが

 

「グーグルアナリティクス」なのです。

 

グーグルアナリティクスの読み方をミニ講義しました。

そんなグーグルアナリティクスは
なによりも
「読み方が難しい!」というのが
最大の弱点です。

 

そんな悩みを抱えている
仲間たちにミニ講義をしました。

 

 

19148944_1409871322426182_1883618960172548423_n.jpg

 

グーグルアナリティクスのポイントは3つ

  • どんな人がどれくらい見ているか?
  • どこからどれくらい見ているか?
  • どのページを見てくれているか?

この3つを

駆使して読み解いていきます。

 

他にも
ユーザー、セッション、ページビューの
関係性を知ることで
自分のブログの質がわかったりと

毎日の数値管理や、
毎月のPDCAに活かせる
使い方をお伝えしました(^^)

 

数値の意味を知れば、
今の問題点の原因がわかります。

原因がわかれば、不安はなくなります。

 

何を改善したらいいかが分かるので、

後は「やるだけ」です。

 

この話は

超実践個別トレーニングでも

初級編をお伝えしております!

 

追伸:今、新たな企画創造に向けて動き出しました。

今までやく10ヶ月間、
個別コンサルで対応してきた
私畠山ですが、9月から
チームコンサルティングを行うために
準備をしております。

 

今までずっと
「個別コンサルティングのほうがいいよね」
って思ってきたのですが、
(集団が苦手なので)

 

「チームだからこそできること」
がスパッと見えてきたので、
やる決断をしました。

 

さて、ブログを仕組化したい人が
集まるチームが動き出しますよ。