成果が出ない根本原因はダンドリのたて方にある

具体策に落とし込もう!

こんにちは、「ゆう」です。

 

前回、
数値目標の質の違いについてお伝えしました。

1年間で1000記事書く! 

1年間で月間10万PV目指す!

は全く意味合いが異なるという話でした。

 

さてさて、

なぜ前者のような目標を立ててしまったり、

後者のような目標を立てなかったり、

あるいは後者のような目標を立てても

夢物語で終わるのか?

その理由をお話していきます。

 

点で考えずに線で考えよう

根本的な理由は

「線」で考えるべきことを

「点」で考えてしまっていることにあります。

 

たとえば、

・ブログ記事を書く

・◯◯なネタで書く 

・トレンドなネタで書く

・1日3記事書く

・Facebookに投稿する

 

と言うような行動目標の立て方は

「点」なんです。

「やることを羅列している」
に過ぎません。

 

やることを思いついたままやりたい順にやっていると

「あれ?なんでこれやっているんだっけ?」

となってしまいがち。

 

で、やっている割には、

成果が出ない。

 

これはそれぞれが、

「点」だからなのですね。

 

一見やっていることが同じでも
「線」にするだけで

効果が見えてきます。

 

例えばこんな感じ、

(数値は適当です。)

 

【目標】

月に10件の申し込みを頂く

 

そのために

【必要な数値目標】

・月間アクセス1万PV

・月間LPへのアクセス1000ユーザー

・LPからのコンバージョン1%以上

 

【具体策】

1日あたり、333PVを目指す。

・記事を書く

 →前回ヒットした◯◯なネタで書く

 →最近流行りの☆☆のネタで書く

 

 

・ヒット記事の改善

 →毎月アクセスのある□□の記事からのLPアクセスを増やす。

 →LPアクセスの多い△△の記事のアクセス数を増やす

 

・LPの改善

 →画像を挿入してみる。

 →詳細を追加する

 

 

などなど、

こんな感じで、

目標から「繋いで」具体策に落とし込んでいけば、

 

「線」となり、

全てが「意味のある行動」になります。

 

もちろん、

やってみて効果がないこともありますが、

「効果がなかった」と分かることも

大事なことなのです。

 

「点」でやっている人は

何がきっかけで成功したのかも、

何が効果がないのかも

把握していないことがほとんどです。

 

また、線で考える

ということは時間軸の線も生まれます。

 

目的から線で繋いでいるから、

1週間後や1ヶ月後に検証が行えます。

 

 

同じことをやっているのに、

成果が出る人と

出ない人の根本的な理由は

こういうところにあります。

 

「点」ではなく「線」でやっていきましょう!

 

 

 

今日も「1日1改善」を行なっていきましょう!(^^) 

 

【今日の1改善】

 

目的から具体策まで落とし込もう!

 

追伸:挑戦こそが起業家の宿命

起業家

というのは事業を起こす人のことを
総称する呼び方なわけですが、

名乗れば起業家みたいな時代ですよね。

 

たとえ、誰かの商品を売るとしても

自分のファンを作り、自分で売るなら

それは立派な起業家ですね。

 

その0→1を行なうからこそ

給料制では得られないような対価を

頂けるわけですね。

 

起業家に必要なことって

行動力や決断力なども上げられますが、

やはり「挑戦心」というものも

大事です。

 

「やってみよう」

と思ったことをやってみること。

 

そうやって

「知らないことを知った時の体験」が

大きな糧になっていくのですね。

 

そんなことを昨日
和装デビューした時に感じましたとさ。

 

怖いなって感じること

起業をすればいくつもでてきます。

それらを乗り越えていくためには

些細なことから、

「挑戦心」を育んでいきましょう(^^)

 

和装

ちなみにFacebookの反応がいつも以上でした(笑)

人の見た目の変化は

反応が良いですよね。