作業を目的にしたら負けです。

ただやっているだけではなにも起こらない。

こんにちは、「ゆう」です。

 

前回まで「ダンドリ」について

お話をしてきました。

 

達成しなければならないこと

つまり「目的」をしっかりと決めよう

という話をしました。

 

なぜこんな、
ちょっと聞くと
「当たり前でしょ?」

と思うようなことを
言うのかというと、

 

ほとんどの人が、
正しい「目的」を
定めていないからです。

 

なぜ、そういうのか?

答えは簡単です。

 

こんなにも
多くの人が
ブログ集客というものができずに

悩んでいるという状況こそが

「目的」を履き違えている

最大の証拠だからです。

 

何故履き違えてしまうのか?

今日はその話をしましょう。

 

「作業を目的にしがち」

目的の話で非常に多いのが、

「作業を目的にしがち」ということです。

 

どういうことかというと

 

 

「ブログを書く」という
「作業」そのものが
目的になっているパターンです。

 

「書くこと」が大事だと思っている状態です。

 

参加することに意義があるという

オリンピック精神よろしくな考え方ですね。

 

 

はっきりというと、

ただの作業と化した
「書くこと」に意味なんてないです。

いや、

むしろ、

「シゴトをしているつもりになれる」

という意味ではけっこう厄介です。

 

個人事業において

ブログを書くことの目的は

 

記事を書いた結果、

人がやってきてお金を払ってくれることです。

 

「いつも書いてたら、
いつかなんとかなるだろう」

というような

作業で目的が達成されることはありません。

 

まぁ

宝くじ的に「たまたま当たる」

ということならありえますが、

 

そんなの待ってたら、
おそらく先に廃業してしまいます。

 

何度も言いますが、

「とりあえずブログ書いてる」

は作業なんですよ。

 

シゴトをしている
「つもり」になっている人が

非常に多くて怖いです。

 

正しく目的を設定すると、

たとえルーチンワークでも

作業は日々改善されて、

変わっていくはずなんです。

 

毎日同じことをしている

ルーチンワークが「マンネリ」している人は要注意です。

 

それ、作業が目的になっているサインです。

注意していきましょう!

 

ブログ投稿を作業にしない方法が、

USPキーワード発想法なのですよ(^^)

集客の「つまずき」がわかる無料動画プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

docomo、ezweb、Softbankのメールアドレスはメールが届かない可能性がありますので、gmailやYahooMailでの登録をおすすします。