アメブロは検索に強いけど、弱い!?〜SEOとドメインの関係〜

検索の常識は常に進化していきます。
 

こんにちは、「ゆう」です。

「改行」問題はかなりの反響でした。
ブログやメルマガの「改行」を意識していますか?

ブログやメルマガの「改行」を意識していますか?〜Googleにも読者にも好かれる文章とは?〜


 
見る側と読む側のギャップってありますよね。あと、その人の性格。
凄い理論派の女性のノート見せてもらった事あるのですが、その人のノートは隙間なくビッチリ書かれていました。理論派の人がみんなそうってわけではないですが、感覚的な人は隙間が多く、理論派の人は隙間が少ない傾向にあるなと感じます。
では、本題に入りましょう!
 

アメブロは検索に強いけど、弱い!?

まず、質問です。あなたはGoogleやYahoo!の検索ツールを使って検索をした時に、1つのサイトのページで埋め尽くされてたらどう思いますか?
しかも、それが中身のないページや悪意のあるウソページばかりだったら…
 

欲しい情報が手に入らないならば検索する意味がない

「検索しても有益な情報が手に入らない!!」
そう感じたら、検索ツールの使用をやめたり、他のサービスを利用しますよね。
そうならないために、Googleは日々見回りをし、評価基準を変え、ページランクの上げ下げを行っています。新しい評価基準をつくれば、悪質なサイトはそれに合わせてまた手を打ってくるというイタチごっこはいつまでも終わらないでしょうね。

「利用可能な最も信頼できるソースにもとづく、関連性の高い情報にユーザーがアクセスできるようにする」

これが、Googleが掲げている理念です。そして、その理念に応える側の私達のコンテンツ配信者ができることは、常に良質な記事を書き続けることにほかなりません。
SEO対策(検索されやすくする対策)は、Googleにも好かれて、読者にも好かれることですからね。
さて、そんなわけでGoogleさんはページランクの評価として一つ決めていることがあります。それはいうなれば独占禁止法です。
 

検索結果を1つのドメインで独占出来ない! 

最初の質問に戻ると、とあるキーワードによる検索結果が1つのサイトから情報で埋め尽くされていたら…それは限りなく偏った情報ですよね。
例えば、とある芸能人の名前で検索して、悪い情報だけで埋め尽くされていたら、その芸能人を初めて知った人は「悪い人なんだ」と思い込んでしまいます。たとえそれが デマだとしても。
そうならないために、Googleさんは今は「1つのドメインから上位表示できる記事数」に上限をつくっています。明確な指標はなんとも言えないのですが、3〜5記事程度のようですね。
ちなみに「ポジショニング レター ライティング」とか、明らかに自分自身しか発想しないような検索キーワードだと、ほぼほぼ私のページで独占されますが、こんなのは調べる人も、そのネタで記事を書いている人もいないからそうなっているだけです。
 

ドメインってなんだろう?

ところで、ドメインってなに?という話ですが、要はネット上の住所のことです。
私であれば、「positioning-letter-writing.com」というのがドメインです。
ここに「https://」を頭につければブログのURLに、「〜@」を頭につければメールのアドレスになります。
先程の話に戻ると、検索結果に競合がある場合「positioning-letter-writing.com」という1つのドメインを情報源とする記事の表示は制限されるということです。
 

アメブロ(無料ブログ)は検索に強いの?

私のブログはレンタルサーバーを借りて、WordPressを使って運営しているので、「独自ドメイン」というものを使っています。名前の通り、自分で独自に創っているドメインです。世界中で他の人が使っていなければ使うことが出来ます。
一方、無料ブログはどうなっているかというと、提供元のドメインの中にアカウントを作り、自分の部屋を間借りしているようなものです。マンション名がドメインで、部屋があなたのアカウント名とイメージしてもらえれば分かりやすいかもしれません。
アメブロなら、「ameblo.jp」がドメインです。そして、アメブロ使っているユーザーならわかると思いますが、その後に「ameblo.jp/(あなたのアカウント名)/」という形でURLが作られているはずです。
そう、「東京マンション 305号室」みたいなイメージです。
で、検索に強いのか弱いのかといえば、当然かなり強いです。「ameblo.jp」自体は。
有名人とかも使っているわけですし、「ameblo.jp」というドメイン単位で考えるなら毎日相当数のアクセスがあるわけです。
じゃあアメブロとか無料ブログで記事を書いた方がいいの?と思いがちですが、ここで先程のドメイン独占禁止法(仮名)が再び登場するわけです。
 

【まとめ】アメブロ内で熾烈な争いを繰り広げることに…

今までの話をまとめると、1つの検索結果に対して、1ドメインでページを独占することはできません。無料ブログは1つのドメインの中に部屋を間借りしています。
ということは、

  • 別ドメインとの争いに勝たなければならない
  • 「ameblo.jp」のドメイン内での別のブログに勝たなければならない

という2つの壁があるので、検索上位に表示されるのは狭き門です。
 
アメブロは検索に強いが、弱い!?その意味をお分かりいただけただろうか?
 
さてさて、
検索に強いライティングをマスターしたいなら私のウェブ戦略コンサルティングがおすすめです。アメブロ(無料ブログ)で集客しているならば、まずはそれをやめるところから!
その理由は?↓

アメブロからWordPressに思い切って移行したいお教室・サロンブログ運営者へ!

 
 
ぜひ、この記事を友達のアメブロユーザーにもシェアしてくださいね!
 

追伸:「結局はキーワード発想法がモノを言う」

SEO対策、こういう細かいことも大事ではあるんですが、結局のところ、「キーワード」がモノを言うわけです。
「ポジショニング レター ライティング」の検索結果のように、自分が有利な検索の仕方ってあるんですよ。もちろんこれに関しては「自分目線」なので、他の人は検索しませんが。
1つ検索結果を求めていても、検索する言葉の組み合わせは無限大。
渋谷で20人の懇親会を開催する場所を探すとしても、人それぞれ検索の仕方(検索窓に入力する言葉)が違います。その組み合わせによっては自分が上位に出てくることだってあり得るわけです。
私の「USPキーワード発想法」をチェックしてみてくださいね。

集客の「つまずき」がわかる無料動画プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

docomo、ezweb、Softbankのメールアドレスはメールが届かない可能性がありますので、gmailやYahooMailでの登録をおすすします。