まだあったことのない君を、探している。〜感動のストーリー法則からものがたりの力を学ぶ〜

2016年
日本中が恋をした。
 
 
 
こんにちは、
USPデザイナー畠山勇一です。
 
 

一言で伝える魔法の言葉「キャッチコピー」

 
キャッチコピーの魅力に
取りつかれています。
 
「一言」で、
大切なコトを伝える。
 
 
なかなか見つからない
自分だけの言葉を、
数ある言葉の中から
 
 
 
削いで削いで
見つけ出す。
 
 
これは簡単なことじゃない。
むずかしいですよね。
 
 
「自分を表す言葉は一体なんだろう?」
 
それが決まらないから
突き抜けない人は多いですよね。
 
 
そんなわけで
「キャッチコピー」にまつわる
個別相談を実施します。
 
▼詳細はこちら!▼
ビジネスに大事なことは、 「誰に何を売るか?」と「どう伝えるか?」です。
 
 
 
さてでは、本日の本題に入りましょう!
 
 

◯まだあったことのない君を、探している。

 
今回のタイトルは、
2016年大ヒットし、
今もまだ話題に上がる
名画「君の名は。」の
キャッチコピーです。
 
君の名は
 
ストーリーは知っている人も
多いので、簡単に言うと、
 
 
ひょんなことから
目覚めると身体が入れ替わってしまう
高校生男女の「時空」を超えた
恋愛ストーリーです。
(え?ざっくりしすぎ?)
 
私もね、
重い腰を上げて
年始に見に行ったのですが、
 
超感動しました。
 
私はああいうコッテコテの
感動のラブストーリーは
大好きなんですよ。
 
 
さて、あの映画もまた
「ヒーローズ・ジャーニー」
なんですよね。
 
 
▼おさらい記事▼
https://positioning-letter-writing.com/?p=1026?am
 
 

感動のラブストーリーも「ヒーローズ・ジャーニー」に則っている。

 
さて、ヒーローズ・ジャーニーの
骨格をおさらいです。
 

【ヒーローズ・ジャーニーの基本プロット】

①天命を知る(きっかけ)
②決断して旅を始める
③境界を超える(挫折)
④メンター・仲間との出会い
⑤最大の試練とぶつかる
⑥成長する
⑦試練の達成
⑧帰還
 
 
 
さて、ではこれを
「君の名は。」に
置き換えてみましょうか。
 
※ネタバレ注意です!
 
 
 

【君の名は。に置き換える】

①身体が入れ替わる
②戸惑いながらも入れ替わり生活を送る
③相手の生活に大きく干渉することになる
④入れ替わりの影響で人間関係に変化が起きる
⑤好きになり、会いに行くが、真実を知り会えない。
⑥どうにかして時空を超えて最大の危機を乗り越える。
⑦出会うことも出来、想いを伝え、命も助ける。
が、記憶が曖昧になり忘れてしまう。
⑧数年後に再会する。
 
 

王道を「ちょっと変えること」がオリジナルになる。

 
骨組みだけ抜き出すと、
王道ですよね。
 
 
「手垢のついた話」
なんて揶揄する方もいますが、
 
 
王道というバックボーンに
肉付けして
「ちょっと変える」から
楽しいのですよね。
 
 
型が全てでないですが、
型を知り、
「あたりをつける」ことが
できるようになるから
 
「アレンジできる」
 
 
これは
「創造」のセオリーです。
 
 
 
さて、
次回は私の人生を
「ヒーローズ・ジャーニー」
に置き換えてみますね。
 
これを知ると、
あなたも
自分の人生を
ドラマチックに
語ることができるようになります。
 
次回:才能という資源を枯れさせない。〜プロフィールは大きな財産になる〜

才能という資源を枯れさせない。〜プロフィールは大きな財産になる〜


 

追伸:「認知的不協和恐るべし…」

「もやもやしているのは気持ち悪いから、
問題解決のために行動する。」
これを
認知的不協和
ということで
 
 
具体的に言えば
 
「たった一つ○○するだけ」
などの穴埋めタイトルをつけることなども
これに当たります。
 
 
これね、
なんか使い古された表現だと
思うかもしれませんが、
 
 
あなどれないです。
 
 
開封率良いですよ。
本当に。
衰えないです。
 
 
なんでしょうね。
 
 
ちなみにですね。
私の文章は
必ず「落とし所」を作っています。
 
(あえて、焦らすこともありますが。)
 
話が下手な人は
「オチがない」
もしくは
「オチがいつ来るかわからない」
場合が殆ど。
 
 
 
ゴール(オチ)に向けて
話をするから
まとまるのです。
 
 
認知的不協和を利用するなら
確実にこの視点を持っていないとね。
 
参考にしてみてくださいね!