なぜ、メルマガもLINE@もやらないほうがうまくいくのか?〜やるなら戦略的に〜

始める目的とタイミングが大事です。
 

こんにちは、「ゆう」です。

最近のズバッとバシッとぶった切りシリーズ。見逃せない!と感じてくれている方が多いようですね。
メルマガだと開封率が見えるのですが、見てくれている人が圧倒的に多いですね。
前回はこんな内容でぶった切りました。
ブログやるならアメブロとWordPressのどっちがいいの?

ブログやるならアメブロとWordPressのどっちがいいの?〜情報弱者の質問〜


 
さて、本題に入ります。
「そもそも」で考えていきましょう。
 

なぜ、メルマガもLINE@もやらないほうがうまくいくのか?

カンチガイの無いように先に言っておきますが、これは「タイミング」の話であって、メルマガやLINE@を「今すぐやる必要があるのか?」という話です。
これ、ちゃんとよく考えてほしいんですよ。
多くの相談に来る方は「メルマガやLINE@をこれからやっていきたい」あるいは「やっているけど活かせていない」そんな状態です。そんな人にはこう質問します。
 

そもそも、なんでメルマガやLINE@をやりたいのですか?

「そもそも、なんでメルマガやLINE@をやりたいのですか?」と聞くと、こんな答えが返ってきます。
 

  • 「やるとお客様がやってくると聞いたので…」
  • 「お客様に情報を届けたいので…」
  • 「流行っているので…」

と言うような返答が…
え?そんな理由で手間増やすの?私はそう感じます。
 
今でこそ、私はこうやって毎日メルマガを書いていますが、私は起業してから1年間、メルマガをやっていませんでした。
その理由は「始めたところである一定の読者数が望めないな」と分かっていたからです。
 

はたしてメルマガは誰が読むのか?

次に質問するのは「そのメルマガは誰のためのものですか?」ということです。
「お客様」あるいは「お客様候補の方」なのは当たり前で、私が知って欲しいのは、「登録しようと思った方だけが読む」ということです。
「メルマガを始めたら自動的にみんな登録してくれて読んでくれるだろう」
みたいに考えている人が非常に多いですが、甘いです。ケーキの上の砂糖菓子くらい甘いです。
 
たとえ無料でも、たとえ友達でも、「登録」という「行動を起こす人」は数少ないです。
無料でもいらないものは受け取らない。それは街頭のティッシュ配りをイメージしてもらえれば分かるでしょう。
殆どの人が素通りです。
 
ウェブ上でも同じことが起きます。「人に行動してもらう」、つまり「行動喚起」はカンタンではないです。カンタンではないから集客問題はなかなか脱却できないのです。
 
そして、次に考えなければ行けないのは、規模です。
 

少数に届けるのは効果的とはいえない

 
メルマガのリストが1000件の場合と10件では、1通書く労力に対しての効果が100倍違います。
1通書くというコストは変わらないのにです。
なれない人だと1通書くのに2時間とか3時間とかかかりますよね。だけど、10人しか見てくれない…
これってムダじゃないですか?
(有料会員さん、既存客へのサポートとかは別です。)
 
なぜなら、ブログ記事なら、今は同じように10人しか見てくれなくてもその記事はずっと残り続けて、検索でも見つけてもらえて累計で考えると何千人となっていく可能性はあります。
 
メルマガは「今」登録してくれている人にしか届けられない(バックナンバーとして残るとしても、それをわざわざ見る人は少ない。)
 

そもそも、メルマガ登録ってどこからくるの?

そして、最後に考える事。そもそもメルマガ登録ってどこから来ますかね?
 
答えを言うと、リアルでお会いしたことがある人を除けば、ブログやSNSなどの自分のメディアからしか登録はないですよね。
(ちなみにリアルであった人のアドレスを勝手に登録するのは違法行為ですからね。)
そういう別メディアからメルマガ登録のページへたどり着き、登録に至るわけです。
 
と、いうことはそもそも

  • 自分のSNSで繋がりが多い
  • ブログのアクセス数が安定的に得られている
  • 自分のことをティーアップしてくれる仲間がいる

という状態のどれか1つでも創れていない限り登録者が増えないのです。
 
だから、メルマガやLINE@をただ闇雲に始めたところでお客様がやって来ないのです。ブログにまともにアクセスもない状態ならば、まずはメルマガやLINE@をやらずに、ブログ書いていたほうがうまくいきます。
 
とはいえ、いずれコアファン向けの情報発信始めたいですよね?
ということで何が必要なのかをお伝えしておきますね。
 

メルマガやLINE@のスタートに最低限必要なもの

 
最低限
・魅力的な無料の情報コンテンツ(何を配信するのか?)
・行動喚起のライティングスキル(どう伝えるのか?)
・1000件は登録が期待できる自分のメディアや人脈
・メルマガを定期的に書き続けられるネタや習慣
こんなところを準備しましょう。
 

追伸:「気分で送ってくるメルマガは忘れます。」

私みたいにメルマガを毎日書く必要がかならずあるかは置いといて、「定期的に」配信することは非常に大事です。
定期的に配信することで、読者の生活リズムに組み込まれます。
たまに気まぐれで送ってる人がいますが、「計画的に出来ないならなんで始めたの?シゴトでしょ?」と正直感じますね。
「登録してくれた」ってことは何かしらの期待をしてくれているわけなので、その人たちを裏切らないようにしたいですね。
読者登録者も配信頻度も少ないと、登録解除も少ないですが、それはただ「解除することも面倒(あるいは忘れている)」だけですからね。
 
ご利用は計画的に。
メルマガは戦略的に。
 
[cc id=461 title=”メルマガ登録”]