「ワクワクするシゴト」「好きなシゴト」がしたいなら…

「好き」って後からついてくるものです。

 

こんにちは、「ゆう」です。

 

「好きなことをシゴトにしたい!」

 

という方はいますね。

 

この言葉に

私は2つの疑問があります。

・シゴトになる好きなことは何を持っていますか?

・後から好きになるもんじゃないんですか?

 

ということです。

================
ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー
自動集客セミナー.jpg
 
3240円!!!
友達とくるとお得になります!
定員は各10名まで!!
▼詳細・申込みはこちら▼
https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP
================

 

シゴトになる好きなことってなんだろう?

 

「好きなことをシゴトにしたい!」

「わくわくすることをしたい!」

これは大切な気持ちですよね。

 

私にもあります。

しかし、

認識にズレを感じることも多々あります。

 

 

というのも

「好きなことがシゴトになる時」

って必ず「相手ありき」なんです。

 

相手が喜ぶことで、

自分もやっていて楽しいし、

やりがいを感じるもの。

 

そうでなくては

「シゴト」には

ならないわけです。

 

そうじゃなきゃ

自分本意な歌を歌うジャイアンも

将来歌手になれてしまうはずです。

 

現実はそうはならない。

 

なぜなら、

自分がいくらやりたくても

求められていないなら

要らないから。

 

ですが、

好きなもので繋がって

シゴトになる。

は大いにありです。

 

たとえば、

猫が好きで

猫好きのコミュニティに

参加していたら、

 

そこで仲良くなった人が

自分の本業に興味を持ってくれて

仕事に繋がった。

 

なんてことはザラにあります。

 

一人の「個人」として繋がってから

シゴトにつながる。

 

信頼も構築されているので、

全く知らない人よりも

シゴトも楽しいはずです。

 

これはある意味

「好きをシゴトにしている」

と捉えることもできます。

 

 

のめり込むから楽しくなる。

 基本的には

シゴトに限らず、

なんでもかんでも

慣れるまではシンドいものです。

 

私も、

ギターを中学三年生の時に

触ったんですね。

姉の部屋に

安いアコースティックギターが

置いてありまして、

「弾き語りできたら

カッコイイだろうな〜」

 

なんて思って

触れたんですね。

 

何もわからずに。

 

で、思った感想は

 

「指、痛すぎる!!!!」

 でした。

 

ギターというのは

左手で弦を押さえて

右手で弦を弾くことで

音が鳴ります。

 

まずこの

「左手で弦を押さえる」

これが慣れていないと

弦が指に食い込んできて

めちゃくちゃ痛いんですよ。

 

なので、その時はその日だけで

「もうやりたくない」

と思いました。

 

その1年後

高校1年の時に、

  • 教則本=練習の手段をしり
  • 3ヶ月後のライブ=目標を立てた

ことにより、

手段と目標が明確になった時に

指の痛みも練習した証と思えるようになって

徐々に弾けるようになったことで

「好き」になっていきました。

 

結構、

ただの食わず嫌いは

やってみたら

面白くなってくることがあります。

 

恋愛もそうですよね。

何年も一緒に居られる人って

 

良いところも

悪いところも

ひっくるめて

「好き」と言えることが

大事じゃないですか。

 

  • 好きなことないな〜
  • 得意なことってなんだろう?
  • 今自分がやっていることって
    本当にやりたいことかな?

なんて思っているのであれば、

まずは、

今やっていることに没頭してみる。

嫌だなと思っているものに挑戦してみる。

そうすることで、

楽しさは後からついてくる。

 

苦手意識って単なる思い込みなんだと

気づいたら変化は早いものです。

================
ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー
自動集客セミナー.jpg
 
3240円!!!
友達とくるとお得になります!
定員は各10名まで!!
▼詳細・申込みはこちら▼
https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP
================

 

追伸:皿洗いですらゲームである。

私が高校生の時に

初めてやったバイトは

皿洗いでした。

 

理由は友達が働いていたからと

料理が作れるようになりたかったから。

(あと、接客は自分には無理だと思っていたから^^;)

 

ちなみに、高校3年生のときには

揚げ物担当になれました(^^)

 

入った当初、

高校生バイトの私は、

とにかく雑用でした。

 

まずは皿洗いです。

 

ひたすら運ばれてくる

汚れた食器と残飯

それを仕分けながら

シンクに食器をためていき

さっとこすり洗いして

食洗機にかける。

洗われた食器を種類ごとに分ける。

食器を使用するエリアまで運ぶ。

 

「ザ・単純作業」です。

 

マンネリしてしまうと、

むちゃくちゃ長かった…

 

だから私は、

「ゲーム」

にすることにしました。

 

いかに、今よりも効率的にできるか?

いかに、綺麗に配列できるか?

いかに、スピードを落とさずに綺麗にできるか?

 

そんな「改善」をひたすら

考え続けるゲームです。

 

そう考えてくると、

結構楽しめました。

 

マリオとかテトリスとか

むちゃくちゃシンプルなルールだから

逆に飽きられずに

長年愛され続けています。

 

そんなシンプルゲームと

同じ感覚でやると

面白さを見いだせる

ことができましたね。

 

 

基本的には私は、

どんなことをやるにしても

ゲームとして

捉えるようにしています。

 

楽しさや好きな気持ちは

やっぱり自分で作り出すものですね。

 

================
ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー
自動集客セミナー.jpg
 
3240円!!!
友達とくるとお得になります!
定員は各10名まで!!
▼詳細・申込みはこちら▼
https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP
================