USPラブレターライティングとは?

こんにちは、
USPデザイナー 畠山勇一です。
さて、今回はこの「ポジショニングレターライティング」の要であるライティング術
「USPラブレターライティング」についてお話します。
 

なぜ、ラブレターなのか?

あなたが個人の起業家として、あなたの商品を知ってもらうためにメッセージを書くとします。
その時にあなたならどんな風に文章を書きますか?
 
まさか、商品の説明をしてしまっていないですか?
両想いならばまだしも、相手はまだあなたのことに興味が無い段階で貴方自身の話をして、あなたのことを気に留めてもらえますか?
それこそラブレターにたとえるなら、
「私、凄いんです!」といきなりいうようなものです。
(まぁそんなこといきなりいう人がいたら、逆に気になるかもしれませんけども…汗)
 
その前にいうことがありますよね?
 
「あなたのことが好きです。」ということが。
 
つまり、
自分のことではなく、
相手がいて、その相手だからこそ好きなのだと
伝える必要があります。
 

大切なのは「お客様が知りたいこと!」

自分目線ではなく、
相手目線
 
 
これをビジネス的に置き換えるならば、
「お客様にとってどんなメリットがあるか?」
そして、また、
「お客様はどんなことが知りたいのか?」
 
お客様が欲しい情報を欲しい順番で、
書いてあげることが、
お客様への商品の魅力を伝え、
不安を取り除き、
行動したくなるくらいに心を動かす
そんな文章にを組み立てられるのです。
 
その基本構造は

Why

What

Why1

Why2

Why3

How

 
この基本構造を理解することで、
あなたにもお客様へのラブレターが書けるようになります。
 

お客様に伝わる文章はラブレターのように相手目線であること!

これを覚えておいてください。
 
詳しい解説は次回から書いていきます。
【カンタン理解!】USPラブレターライティングの基本構造
 
USPラブレターライティングの基本に関連するページはこちら!

[child_pages]