【広告に学ぶUSP】ビフォーアフターを逆手に取った早稲田アカデミーの広告

こんにちは、「ゆう」です。

企業も個人も、商品をプロモーションしている人は、
あれこれとアイディアを練りに練って秀逸な宣伝を生み出しています。
 
先人から学べるものは多いですので、気になったものは考察とともに紹介していきます。
 

早稲田アカデミーの広告

早稲アカ
この発想は上手いですよね。
ライザップなんかがビフォーアフターを広告に大々的に使い、惹きつけるプロモーションをしています。

ライザップ峯岸みなみさん
ライザップ峯岸みなみさんのビフォーアフター

プロモーションにおいて、

「ビフォーアフター」は最もわかりやすい提供内容の伝え方ですね。
 
「このサービス・商品を利用したらどうなるのか?」

そのリアルイメージを描きやすくなります。
そんな【ビフォーアフター】を逆手に取ったのが早稲田アカデミーのこの広告。
 
「変わるよ」という言葉と
Before/Afterと書かれた2枚の写真。
ビフォーアフターなのに、
超高度な間違い探しかと思うくらいに大差のない写真に戸惑う
そして、よく読むと、
(見えないところがね)
とある。
駅構内など、移動中に移ろいゆく視線を惹きつけるにはなかなか上手い戦略だなーと感じました。
わかりやすいビフォーアフターを、あえて逆手に取った事例でした。
 
常識の逆を行く発想
参考になりますね。
 

あわせて読みたい記事

お客様が欲しくてたまらない「ホープ」はたった2つのキーワードで伝えよう!

集客の「つまずき」がわかる無料動画プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

docomo、ezweb、Softbankのメールアドレスはメールが届かない可能性がありますので、gmailやYahooMailでの登録をおすすします。